会社を辞めたい、仕事を辞めたいと思ったときに読んでほしい本(1/2)

  • 2020年1月23日
  • 2020年2月14日
  • YouTube

※2020年2月5日よりサイトの趣旨を大きく変更しました。この記事は主旨変更前の記事となります。

「道をひらく」を読めば悩むのも悪くないと思える

 

  • 仕事に悩んでいる人
  • 人間関係に悩んでいる人
  • 何かに行き詰っている人

 

【松下幸之助「道をひらく」とは】

昭和43年、2020年現在から52年前に発刊。

半世紀経った今なお、読み継がれる歴史的ベストセラー。

経営の神様と呼ばれた松下幸之助が

自らの体験と人生に対する洞察をもとに綴った短編随筆集です。

 

半世紀経っても人の本質や悩みはそうそう変わりません。

半世紀前からずっと売れ続けているということは

世代を超える普遍的かつ本質的な内容が書かれており

これまで本を読んできたたくさんの人たちが

色々な悩みに対して何かしらの結果を得られてきたということです。

書評(レビュー)動画や口コミを通してそれを説明していきます。

 

今回の書評(レビュー)動画

今回の書評(レビュー)動画は学識サロンさんの

「悩みなんてこの本で100%吹っ飛ぶ  8分で学ぶ『道をひらく』【松下幸之助】」

 

学識サロンさんのプロフィール】

都内の中小企業で営業職としてトップの成績を出し、その後、管理職になりマネジメントを主に行う。赤字経営だった企業を2年間で黒字改善し、売り上げは2倍を達成、利益率も8%改善させることに成功。2019年5月31日より動画配信をスタート。2年間の会社マネジメントで得た経験と、月に読んでいる20~30冊のビジネス書から得た知識を基に、普段忙しいサラリーマンの方が、成長できる学びや、明日から使える役立つ知識を短い時間で学べるようにコンテンツを作成している。 学識サロン まぁー

YouTubeチャンネル概要欄より

 

学識サロンさんが解説する松下幸之助「道をひらく」

8分という短い時間で3つのポイントに絞って端的に

「道をひらく」について解説されています。

  1. 素直に生きる
  2. 雨が降れば
  3. 心配またよし

ひとつずつ説明していきます。

素直に生きる

わからないことは人に聞くことである

己のカラに閉じこもらないで、素直に

謙虚に人の教えに耳を傾ける

松下 幸之助(動画内より引用)

年齢を重ねて経験をつめばつむほど

これまでの経験やプライドが邪魔して

自分のダメな部分が素直に認められなくなり

考え方を変えられなくなってしまう。

年下や後輩だから学ぶところはない。

プライドが許さないと考えている人は変化できません。

素直な人ほど年齢に関係なく成長するということですね。

 

雨が降れば

人生には晴れの日もあれば雨の日もある

好調の時もあれば不調の時もある

にも関わらず、晴れの日が少し続くと

つい雨の日を忘れがちになる

好調の波が続くと油断する

松下 幸之助(動画内より引用)

色々なことがうまくいっているときほど

油断するなということです。

今あたりまえにあるものが

ずっとそこにあると思いがちですが

そうではありません。

油断せず大切なことを常に思いだそう。

普段から大切な人にありがとうと言っていますか?

 

心配またよし

人生の脅威というべきものを懸命に、そして、

ひたすらに乗り切って事なきを得ていくという所に

人間としての大きな生きがいを覚え、

人生の深い味わいを感じるということが大事である

松下 幸之助(動画内より引用)

色々な悩みや心配は成長につながるための

ポジティブな材料としてとらえると楽に前向きになれます。

現状に満足している人は悩みなんてありません。

あなたの悩みは成長したいという欲求の表れであり

悩んでいるということは成長の過程ということです。

 

次回の投稿では

あの大御所声優 大塚明夫 さんが

「道をひらく」を朗読している動画があったので紹介します!

次の投稿はこちら↓

会社を辞めたい、仕事を辞めたいと思ったときに読んでほしい本(2/2)

 

口コミ紹介

購入の参考に口コミを紹介します。

 

「道をひらく」の口コミ

東京都・女性
仕事を始めて5年経ちますが全く仕事に喜びを感じられず。転職したいと思っていました。

とはいっても何かしたいことがあるわけではなく、別の仕事をすれば何か変わるかもしれない。

自分にあった仕事が見つかるかもしれないという気持ちでした。

本書を読み、私は、日々の暮らしの中で、何かしらの喜びを待っているだけで

自分の道を懸命に歩んでいないということに気付きました。

今は、自分に与えられたこの道を一歩一歩懸命に歩んでいきたいと思っています。


三重県・男性
この本の中で一番印象に残った話は「絶対の確信」でした。

自信いっぱいに選んだことでも間違えることはあります。

「絶対の確信」を読んで、色々と悩んだり苦しんだりするのは

当たり前のことだと考えることができるようになりました。

決断力のない私ですが、これからはベストな選択をできるようにしっかりと考えて

勇気をもって着実に前に進んでいきたいです。

 

行動に移すかどうかはあなた次第

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

書籍購入の参考になれば幸いです。

もちろん動画を見るだけでもよいですが

本を読んで、マインドを変え、行動を変えれば人生が変わります。

その一歩を踏み出すかどうかは、あなた次第です。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!