【報告】ブログの方向性を変更しようと思います【今後は心理カウンセリングの知識を記事にしていきます】

ご報告

こんばんは、久一です。

今回は、報告になります。

ざっくり言うとブログの方向性を変更しようと思います。

学べるYouTube動画の紹介&まとめ⇒産業カウンセラー講座で学んだことまとめ

という感じで、まったく違う方向へ転換させていただこうと思っています。

これまでYouTube動画のまとめ記事を楽しんでいただいたという方、誠にありがとうございます。

一応これまで書いた記事はそのまま残そうと思っています。

そしてもし今後の更新を楽しみにしているという方がいれば、申し訳ありません。

理由を説明します。ブログを書く練習を兼ねて長々と書いてあるので興味がある人だけ読んでもらえると嬉しいです。

方向転換の理由

理由についてですが、人生の役にたつ、学びになるYouTube動画をまとめるという内容では、ブログを読んでくれている方へ提供できる価値があまりないんじゃないかと思えてきたことです。

なぜこのブログをやってきたかというと、今後YouTubeが盛り上がっていくにともなって、今は数少ないですが、きっとビジネス系、教育系のチャンネルがめちゃくちゃ出てくると思うんです。

そんな中で、本当に価値のある動画を見極めてアーカイブすることと、動画を一度見た方が復習するために、内容をまとめてあるという利便性など、いくつか提供できる価値があると思ってたんですね。

しかしやっていくうちに2つの懸念点がでてきました。

アーカイブには数が必要ということ

アーカイブというのは例えば図書館のように本をカテゴライズして棚に並べて、必要な情報を素早く検索できるようにするということですが、そうしようとすると本が大量に必要ってことになります。

個人でやってるブログなので、数多くの動画を見てカテゴライズして数を投下するということが難しいという問題点がありました。

書評動画の場合、本の内容とブログの内容に乖離が起こってしまう危険性があるということ

YouTuberが本の内容を要約して動画にする。⇒それを私がみて改めてブログにテキストとして落とし込む。という流れなので、ブログの内容が2次的、3次的なものとなってしまい、元々の本の趣旨とブログの内容がかけ離れてしまうのではないかと思うようになりました。

自分で本を読んだ上で、動画をみて、それをまとめるということができればいいのですが、SEO的にブログの立ち上げ時期はなるべく頻繁に記事を投稿していきたいので、一冊一冊全ての本を読んで記事を作るのは非常に困難です。

以上の理由で今の方向性でやっていくのは難しいと思いました。

今後の方向性

昨年私が産業カウンセラー養成講座というものを受けて修了したので、そこで学んだ知識をブログとして記事にしていこうかなと思ってます。

すでにYouTubeで公開された情報よりも、講座を受けた私がもっている情報を発信したほうが、独自性や希少性が高くなり、ブログを読まれるかたにもメリットがあるのかなと考えてのことです。

とくに産業カウンセラー養成講座で力を入れている傾聴(人の話を聴く)スキルは、人間関係をよくするために大きな力を発揮します。

それを伝えられればと思っています。

ちなみに産業カウンセラーとは職場、職業、それに関わる人間関係など、働く人を対象とした心理カウンセラーです。

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格です。

参考:日本産業カウンセラー協会ホームページ

どんな人にどんなメリットがあるのか?

カウンセリングの知識をブログにしていくことでどんな人にどんなメリットがあるのかということを説明します。

カウンセラーを目指している人

産業カウンセラーがどんなことを学んでいるのかがこのブログでわかりますので産業カウンセラーに興味がある人はもちろん、そのほかのカウンセラー資格を目指している方にも参考になると思います。

カウンセリングを受けようか迷っている人

アメリカではカウンセリングを受けるって普通のことですが日本人はなかなかその感覚がないですよね。

個人的な想像ですが、カウンセリングを受ける=精神的疾患を抱えている人がいくものというイメージがあるのではないかなと思います。

産業カウンセラーが対象とするのは精神疾患を抱えている人ではなく健常な人です。

仕事をする上でストレスや悩みを抱えるのは当たり前のことなので、もっと気軽にお悩み相談にいくぐらいでいいんです。

カウンセラーがどんなことを勉強して、どんなことをやっているのかがわかるので、カウンセリングを受けようか迷っている人にとって敷居が下がるのではないかなと思います。

カウンセリングには一定の効果があることは科学的に証明されているので、迷っている人はぜひカウンセリングを受けてほしいですね。

心理学に興味がある人

カウンセラーとして学ぶ心理学ということはクライエント(相談者)の悩みを解決するためのものなので、カウンセラーを目指すという方でなくても一般的な知識として十二分に活用できるものだと思います。心理学ってどんなもんだろうと興味がある人にもメリットのあるブログにしたいと思っています。

管理職、人事担当の人

カウンセリングの基本となる傾聴の技術や、心理学の知識は、人事面談や部下の評価面談、ストレスケアに大いに役立ちます。

そもそも産業カウンセラーは働く人の課題解決を支援することが目的なので、管理職や人事担当の人がその知識を学ぶことは意義のあることです。

 

まとめ

ブログを方向転換すること、その理由と次の展開についてお話しました。

ほんとはこんなに長々とブログで説明する必要はないんですが、自分の考えをまとめることと今後の方向性を明確にするために書いてみました。

産業カウンセラーの講座を受けて一番良かったのは傾聴のスキルを学べたことです。

傾聴=人の話を聴く

このブログの過去の記事、そしていくつもの本で共通して大切なことだと繰り返し説明されていることですね。

それだけ大事なことがほとんどの人はできていないんです。

なぜなら自分は人の話を聴いているとみんな思っているから。

例えばなんですが、皆さんワインって知ってますよね。

成人しているかたならほとんどの人が一度は飲んだことがあると思います。

でも何十年ものの、何十万円もするワインって飲んだことありますか?

傾聴の技術を学ばずに「俺は人の話を聴いている」という人、それができていると思い込んでる人は、その辺のコンビニで売っているワインと、熟成を重ねた貴重なワインを一緒くたにしているのと同じです。

ただ人の話を聴くということと、磨き抜かれた傾聴のスキル、マインドを用いて話を聴くというのはそれくらい違いがあるんです。

傾聴についてはできる限り力を入れて記事を書いていきたいと思っています。

毎日19時更新を目標にしていますが、サイトの雰囲気も変えたいので、数日更新が止まるかもしれません。

あとは月曜日だけ休もうかなとか、YouTubeにも展開したいなとか今後も方向性が変わる可能性もあります。

ブログのつくりなおしがいいかなとも思ったんですが、色々と大変なので方向転換をすることにしました。

基本は個人ブログなんで好きにさせてもらおうかなと思っています。

こんな感じですが見に来てくれたかたには、有益な時間が提供できるよう尽力するつもりなので今後ともよろしくお願いします。

今回は以上です。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!